MENU
スパイクの選び方

元陸上選手がオススメする初心者向け陸上競技スパイク!スパイクを選ぶポイントから解説【短距離・跳躍】

この記事の内容

こちらの記事では、陸上初心者の方にオススメな短距離用スパイクを紹介します。

私自身陸上を10年近くやっており、色々なスパイクを履いてきました。

そこで、全体的に見てどのようなスパイクが良いのかというのは、
初めてスパイクを選ぶ方や初心者の方にはなかなか難しいと感じる事があると思っています。

そこで、こちらの記事では、『選ぶポイント』『初心者に向いているスパイク』等をまとめて記事にしてありますので参考にして下さい。

スポンサードサーチ

スパイクの選ぶポイント

まずは、初心者の方がどのようにスパイクを選べばいいのかを説明していきます。

スパイクの基本的な内容や扱い方については以下の記事をクリックして参考に・・・

スパイクの選ぶポイントはいくつかあります。
まとめると以下の通りです。

  1. トラックの種類に合わせてスパイクを選択
  2. スパイクの大きさ
  3. 固定ピンか取り換え式のピンにするか?
  4. 競技種目に合わせてスパイクを選択
  5. ソールのクッション性
  6. ピンの配置(本数)など

上級者になればなるほどスパイクへのこだわりが増えるので、これくらいの選ぶポイントが出てきます。

初心者の場合は、『トラックの種類に合わせる』『ソールのクッション性』『競技種目に合わせる』『スパイクの大きさ』という点に注目して購入すればとりあえず問題ナシ!

ここからは、ポイント毎に詳しく説明をしていきます。

トラックの種類に合わせてスパイクを選ぶ

基本的には、『タータン専用』『グラウンド専用』と分けるのがベストなんですけれども、

始めのうちは、ピンの取り換えができる兼用スパイクとして使っても大丈夫です。

要するに、「オールウェザー・土トラック兼用タイプ」を選びましょう!

私自身も始めた頃の内はそういう感じの使い方をしていました。

オールウェザー・土トラック兼用タイプというのは、天候に関係なく使用する事が可能で、
土の上でも、タータンの上でもピンを付け替える事により使用する事ができるスパイクとなります。

このオールウェザー・土トラック兼用タイプを使うにあたって勿論メリット・デメリットがあります。

  • 練習でも試合でも使えるので金銭的なお金がかからない
  • ピンを付け替える必要性が無い
  • スパイクを長く使う事が出来る

メリットとデメリットはこのような感じです。

ソールの厚めのスパイクがオススメ

スパイクを選ぶ際にこちらも重要なのですが、ソールの薄さです。

ソールが薄ければ薄いほど、反発力が高くなるのでスピードが出やすくなりますが、
その代わり筋肉が多く必要とされるので、筋肉の少ないうちは履いてもタイムがでません

プラス、足の怪我(肉離れなど)が起きる可能性が高くなりますので、初心者(足の筋肉がしっかりついていない)の時は、ソールの分厚いものを出来る限り使うようにしましょう。

上級者になるにつれて徐々にソールの厚さを薄くしていく事により、走ったときの感覚が染みついてきます。

競技種目に合わせたスパイクがベスト!

陸上種目によってスパイクを分けるのが本当はベストです。

しかし、始めのうちは、種目が定まっていない方が多いと思います。

そういう時にオススメのスパイクと言えば、

『100Ⅿ~400Ⅿ対応スパイク』『ハードル+100~400Ⅿ可能スパイク』などです。

200mまでしか対応していないスパイクで400mなどを走ると足がとても痛くなるケースがありますので、それはしないようにしてください。

極力始めは全短距離種目対応のスパイクを選択するようにしましょう!

売り場に、どの競技に対応しているスパイクなのか書いている事が多いです。

スパイクの大きさは少し小さいと感じるモノ!

スパイクを買う時は、大きさがかなり大事となってきます。

スポーツ用品店などで購入する時に相談すると『少し余裕がある方が良い』と言われる事があります。

しかし、陸上用のスパイクでは、少し大きめの物を購入すると力が入りにくくなったり、
怪我をしやすくなったりします

だから、少しきつめのスパイクを選ぶと良いです。
ただ、履いてすぐにキツイと感じるようなスパイクは買わないようにしておきましょう。
つま先が曲がってしまう等のスパイクは買ってはいけない

基本的に初心者向けのスパイクは、少しゆったりめに作られていますので、ゆとりのあるものにするとガバガバですぐ抜けちゃったりします。

購入時のポイント

少しキツめだけれども、つま先は曲がらない程度の大きさのモノを購入する

スパイクの種類

ここからは、スパイクの種類はどのようなものがあるのかを少し確認してみましょう。

スパイクにはいろいろな種類があるので、知っておかないと選ぶときに悩みがちです。

まず、シンプルにスパイクの種類を分類するとこのような感じ。

  1. 土兼用スパイク
  2. タータン専用スパイク

簡単に分けるとこのような感じになるのですが、ここから更に細かくスパイクの種類は分れています。

  1. ショートスプリント向け
    ・100m~400m対応、100+200m対応 など
  2. ロングスプリント向け
  3. 跳躍用スパイク
  4. 投擲用スパイク

このような感じでまた細かく種類を分ける事ができます。

跳躍をこれからもずっとしていこうと考えている選手の方は、跳躍用のスパイクを一つ持っておくとベスト!

では、これだけを踏まえて置けばスパイクを選ぶことが出来ますので、
早速オススメのスパイクを確認していきましょう!

初心者にオススメのスパイク

ここからは、色々な思いと経験にわけてスパイクを紹介していきます。

自分に合っている項目に沿ってスパイクを選んでみましょう。

気になったスパイクがあれば商品リンクを押すことにより詳しく見れます。

スパイクを初めて履く・土と兼用したい人

エフォート

スパイクの詳細

  • オールウェザー/土トラック兼用スパイクシューズ
    〔100m~1500m/ハードル/走幅跳/三段跳/棒高跳〕
  • 耐久性とクッション性に優れたモデル
  • 多くの方が初めてスパイクを履くときによく使われるスパイク
ヒートフラット

スパイクの詳細

  • オールウェザー/土トラック兼用スパイクシューズ
    〔100m~1500m/ハードル/走幅跳/三段跳/棒高跳〕
  • 足とシューズのズレを抑えるアジャスターベルトが付いている
  • 軽量性・クッション性ばっちり!
created by Rinker
asics(アシックス)
¥4,990
(2020/02/22 17:01:06時点 Amazon調べ-詳細)

スパイクの詳細

  • オールウェザー/土トラック兼用スパイクシューズ
    〔100m~1500m/ハードル/走幅跳/三段跳/棒高跳〕
  • クッション性ばっちり!

初心者向けスパイク(2足目や試合に出る方向け)

ヒートスプリント

スパイクの詳細

  • オールウェザー/土トラック兼用スパイクシューズ
    〔100m~400m/ハードル/走幅跳/三段跳/棒高跳〕
  • クッション性・軽量性抜群!
  • 足とシューズのズレを抑えるアジャスターベルト
  • ハードル選手にぴったりのカカトの丸みソール

スパイクの詳細

  • オールウェザー/土トラック兼用スパイクシューズ
    〔100m~400m/ハードル/走幅跳/三段跳/棒高跳〕
  • クッション性・軽量性抜群!
  • 足とシューズのズレを抑えるアジャスターベルト
  • グリップ力を高めるシャークスキンアウトソール

スポンサードサーチ

スパイクをお得に買うには?

陸上のスパイクって意外と高くて買うのに戸惑う方も多いのではないでしょうか?

上級者用スパイクになればなるほどスパイクの値段はあがります・・・(^▽^;)

2万越えなんで普通に感じてくるほどなのでなかなか高いです。

スパイクを出来る限りお得に購入する方法は、店頭で履いてみて、
その大きさを知っておき、ネットで同じサイズを購入するのが一番いいです。

アマゾンや楽天でもスパイクは購入する事が出来ますし、
楽天ならポイントがたまったり、アマゾンでもギフトカードなどをうまく活用すれば
結構安く購入する事ができたりします。

アマゾンで購入する際はこちらのサイトに上手にお買い物する方法がこちらの記事に書いてありますのでご参考に・・・・

お得に購入する方法

まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。

陸上スパイクの選び方は、理解いただけましたでしょうか?

初心者の方は、なかなか陸上のスパイクを選ぶのが難しいとは思いますが、
こちらの記事を参考に好きなスパイクを購入してください!

スパイクを履いて走ってみるとスピードも出るのでとても楽しいですよ!

陸上競技を是非楽しんでください(*’ω’*)

もし何か質問や悩みがあれば『お問い合わせページ』『コメント欄』よりどしどしお願いします!

【初心者向け】陸上競技・自分の専門種目の決め方とは?学年別に紹介!陸上競技の種目を知っておこう!陸上競技を始めるにあたって 陸上競技を始める年齢は人それぞれかと思いますが、 多くの方が興味を持ったり、部活動に入る方が多い...
【短距離選手におすすめ】試合でパフォーマンスを上げるおすすめサプリメント【陸上競技】 https://yumekururi.site/entry/spike-beginner-recommend/ そもそもサプリ...