MENU
200m

【陸上】200mのカーブの走り方のコツやおすすめの練習方法について紹介!おすすめのスパイクも

こんにちは。

こちらの記事では、200mの走り方のコツやおすすめの練習メニューを説明しています。

200mが得意と言うわけではないのですが、友達に200mが速い人がいたので、
その友達が行っていた練習メニューを紹介します。

是非参考にしてみてください!

スポンサードサーチ

200mの走り方のコツ

200mの走り方やコツというものはかなり大切となってきます。

200mというものは、最初のカーブが全ての鍵を握っていると考えてください。

そして、試合前の食事も大切です。
食事についてはまた別の記事で紹介しているので参考にしてください。

【保存版】陸上競技の試合当日・試合前の準備(食事)・進め方を解説!一日の流れはこのような感じ! 陸上競技・試合当日の簡単な流れ解説 まず、試合当日の主な流れを解説します。 まだ試合に出た事が無い・経験が少ないとい...

その理由は、カーブを上手く走る事ができたならば、
カーブを抜けた後に加速をし、後半の失速を抑える事ができるからです。

200mは、120mのコーナーと80mの直線を走る競技です。

という事は、120mのコーナーがとても大切という事になります。

200mのコーナーを走る際にどれだけ内側を走ることができるのか。

また、どれだけリラックスした状態でコーナーを抜けられるのかを意識して取り組みましょう。

初めのコーナーは、10m~15m先を見る感じをイメージして、走ってみてください。

そして、コーナーを出る時に無理にスピードを上げるのではなく、
リラックスして直線に出られるようにしましょう。

残りラスト50mという部分で、加速をしていくイメージ(ギアを変える)で行います。

こうする事で、減速を抑える事ができます。

乳酸を極力貯めないようにするおすすめサプリはこちら

200mのおすすめ練習メニュー

ここからは、200m選手に効果がある練習メニューについて解説していきます。

シーズン中とシーズンオフに分けて説明していますので参考にしてください!

シーズン中の場合

練習メニュー①
  • 20m+200mの加速走×3~4本
  • 200mのウェーブ走×3~4本

加速走とは、〇〇m+◆◆◆mという風によく書かれます。

〇〇mの部分が加速しながら走る部分となり、◆◆◆の所で最大の力が出るように走ります。

 

ウェーブ走とは、スピードを上げて走る区間、リラックスして走る区間を決めて、波のように繰り返して走る練習の事をいいます。

例えば、200mでのウェーブ走を行うとすれば、

  • 50mリラックスして走る
  • 50mスピードを上げて走る
  • 50mそのスピードでリラックスして走る
  • 残り50m更にスピードをあげて走る

というように行います。

練習メニュー②
  • (300+200+100m)×1セット レスト10~15分
  • 150m×2本 + 120m×3本 + 100m×1本

この練習は持久力とスピード維持力を上げる為のものです。

どうしても200mの後半で失速してしまうという方におすすめです。

練習メニュー③
  • 200m走り終わったらレスト10秒で100m折り返して走る×3セット

こちらも持久力中心の練習メニューです。

この練習は後半の50mに特化しており、ラスト50mで悩んでいる方は必ず行うと効果のある練習です。

練習メニュー④
  • コーナー走 150m ×3本
  • SD(コーナー)150m×2本

この練習は、コーナーに対する練習方法です。

試合が近いという時に確認の意味で行うといいと思います。

シーズンオフの場合

練習メニュー①
  • 300m×5本を80%の力で走る(フォーム意識)
練習メニュー②
  • (300m+200m+100m)×3セット レストウォーク
練習メニュー③
  • 200m×10本、レスト200mのジョグ
練習メニュー④
  • 300m+200m+150m+100m+150m+200m+300m+200m+100m

こちらで紹介したものは、全て持久力を伸ばしていく練習となります。

やはり200mは持久力がとても大切となりますので、持久力をシーズンオフの時に伸ばしていきましょう!

200m選手におすすめサプリメント

クレアチン
クレアチンをたった8週間の摂取する事で、除脂肪体重やベンチプレスのMAX、垂直跳びのMAX、100mダッシュのタイムなどが大幅に改善されます。

短距離に限らず、投擲選手・跳躍選手にも効果が勿論あり、かなりのパフォーマンス向上が見込めます。

400mのラスト100mの時にもかなり効果があります。

created by Rinker
DnS
¥2,790
(2020/06/29 13:40:39時点 Amazon調べ-詳細)

【短距離選手におすすめ】効果的なクレアチン飲み方(お腹の緩さも解決)を徹底解説 そもそもクレアチンとは何? まず、はじめにクレアチンとは、一体なんぞ?という事について説明をしておきます。 ...
カツサプ

カツサプというのは、乳酸をエネルギーに変え、筋肉のダメージを軽減させるサプリメントです。

カツサプは、特に持久力を高める役目をもっています。
乳酸などが溜まりやすい400M選手などにお勧めで、処理しきれない乳酸を効率よくエネルギーに転換してくれます。

スポンサードサーチ

200m選手のよくある質問について

ここからは、200mのよくある質問について回答していきます。

後半のスピードが落ちてしまいます。どうしたらいいですか?

この手の質問はかなり多いです。

後半を落とさない為には、走り込みの練習と軸をぶらさず走る練習が大切です。

例えばこのような練習がおすすめです。
300m×5本 レスト100mウォーク

この練習で1本目と5本目のタイムの差を5秒以内におさめるようにしていきましょう。
継続して行うことにより、自然と後半のスピードが落ちにくくなりますよ。

200mのペース配分はどのようにしていますか?

200mのペース配分は、そこまで意識することもないと思っています。

それは、120mのコーナーをどうリラックスしてスピードを出せるのか、残り50mでギアを変えられるのかを意識する事の方が大切だからです。

基本的に200mは、前半から力を抑えずに突っ込んでいく事が大切であると考えています。
しかし、そこで力んでしまい、リラックスできなければ、コーナーの走りを直線で活かすことができません。

それを避けるために、『ウェーブ走』『加速走』の練習を多く取り入れるようにしてください。

200m選手におすすめのスパイク

おすすめ度
質量 140グラム
ピンのタイプ 全て固定ピン(7mm・3mm)

 

 クロノオニキス
おすすめ度
質量 約120グラム
ピンのタイプ 固定ピン(7mm)

 

アシックス エスピーブレード SF2
created by Rinker
asics(アシックス)
¥9,900
(2020/06/29 22:26:48時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度
質量 ———–
ピンのタイプ 7mm:固定式&リバース柱状スパイク8mm:取り返式
元陸上選手がオススメする初心者向け陸上競技スパイク!スパイクを選ぶポイントから解説【短距離・跳躍】 スパイクの選ぶポイント まずは、初心者の方がどのようにスパイクを選べばいいのかを説明していきます。 スパイクの基本的...
【短距離選手におすすめ】試合でパフォーマンスを上げるおすすめサプリメント【陸上競技】 https://yumekururi.site/entry/spike-beginner-recommend/ そもそもサプリ...